2012-09-24 07:09 | カテゴリ:配管工事
まいどさん瀬戸電気商会です

今回は公園に記念碑を建てるために

公園の庭園灯を移設する工事を紹介します

すでに庭園灯のポールは移設してありますので

電線の接続のためハンドホールを設置して配管を布設します



まずはハンドホールへ配管するため

ハンドホール横に穴あけをし、配管を布設します



配管した管路へ電線を入線して

ハンドホール内で漏電しないよう住友3Mの接続キットを

使用して分岐接続します

fc2blog_20120921224150726.jpg

まずは説明書通りに圧着し自己癒着テープを巻きます



接続したところへキットに付属したカバーを取り付け



レジンを混合してカバーの注入口より注入します



fc2blog_20120921224545833.jpg

硬化するのにかなりの熱を発します

数分経過するとかなり硬化するのでハンドホール内へ

納めてしまいます



庭園灯の照明器具を取り付け

ハンドホールの配管穴をモルタルで塞いだら

電気工事は終了です



あとは土木工事屋さんに後日

泥を埋め戻してもらいます
関連記事
スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://setodenki.blog.fc2.com/tb.php/122-f41bd8b8